事務所のご案内

代表者挨拶

私は2015年に行政書士になった植野正大と申します。

行政書士事務所を開業して以来、相続や遺言、終活といったご相談を数多くお受けしてきました。

 

「遺産相続の手続きはどうしたらいいんだろう」

「遺言書って書いたほうがいいらしいけれど、よくわからない」

「私が認知症になったとき、家族はどうなるのだろう」

 

お客様によって、一つとして同じお悩み・ご相談はありません。

私は相続・遺言・終活といったご相談をお受けし、お客様が一番叶えたいお気持ちに寄り添います。

そして「街の法律家」と言われる行政書士の知識・経験を踏まえながら、それを叶えるためによい方法を一緒に探して、その実現をサポートします。

 

答えはお客様の中にあります。

私はそれをおそばからお手伝い・サポートします。

事務所の特徴

  • 2015年6月 行政書士事務所を開業
  • 開業以来、遺産相続、遺言、任意後見、民事信託などの相談・手続きを受任する
  • これまでの相談件数は30件以上
  • 相続・遺言などに関する講演会・勉強会の講師を務める(累計10件以上)
  • 相続・終活の専門家として、一般社団法人リブストーリー京都のアライアンスパートナーとなっている

事務所概要

事務所名:プラス行政書士事務所

所属行政書士:植野正大、吉本美代子

所在地:京都府宇治市伊勢田町遊田63-41

TEL:0774-66-7103(受付:9:00~18:00)

Email:plusハイフンofficeアットマークxa3.so-net.ne.jp(受付:24時間)

(迷惑メール防止のため、一部の記号を文字化しています。送信の際は記号に変えてお送りください)

ご相談は、年末年始(12/29~1/3)を除き毎日20時まで対応致します。